毎日食べる

青い空

愛知県内には多くの公園があり、人口の多い県なので町もたくさんあります。
どの町や公園にもいろいろな歴史がありそれを調べていくのはとても面白いことです。
特にこの県の地域情報としては、安土桃山時代から江戸時代にかけて生まれた町、またそのころの時期に関わる公園が多くあるのが特徴になっています。
これは、この地域から多くの戦国武将が生まれていること、さらにその武将同士での戦いがいろいろなところで起こっていることに由来しています。
公園の名前にも城跡の名前がついていたり、古戦場跡が公園として整備されているようなところが多くなります。
こんな背景を受けて、戦いがあった時期になると今でも、戦国武将にまつわるお祭りも行われます。

愛知県はかつては繊維業などが非常に盛んな県でした。
しかし、海外の安い製品が入ってくるにつれて、繊維業が縮小され、代わりに工業が非常に盛んになってきました。
特に沿岸部を中心に鉄鋼や造船などの工場が増え、大正から昭和にかけて栄えました。
昭和に入ると自動車工業が盛んになり、県内には大手自動車メーカーの他に関連工場が多くなりました。
自動車製品は海外にも多く輸出されるために、名古屋港の貿易額も大きく増加しています。
そして、最近では最先端工業が発展してきています。
特に航空機分野では、主要工場が県内にでき、これから航空機メーカーとして発展していくことが期待されています。
海外メーカーとの合弁企業も多くあります。